大阪の産婦人科に通院

病院

一般的に出産での利用が中心と考えられている産婦人科ですが、外科手術も扱っています。外科手術の中には、帝王切開術という手術があり多くの妊婦がこの手術を受けています。また、大阪では沢山の産婦人科があります。

詳細を確認する...

不妊治療にかかる経費

不妊治療の保険適応範囲

医者

妊娠を望んでいるにも関わらず、なかなか妊娠できないと不妊治療を始めることになります。しかし、日本では不妊に対して病気であると言う概念があまりなかったためなのか、保険適応で受けられる治療が限られているのが現状です。 最近になって、治療費用に対して自治体からの助成の制度ができました。しかし、自由診療である高度先医療の費用は患者が負担することになるので重くのしかかります。 では、不妊治療にはどのような費用がかかるのでしょう。 まず、精子の数や運動率、正常に排卵が出来ているかと言った検査があります。 また、妊娠をしやすいように性交渉のタイミングを計るタイミング法などの治療も行われます。これらは保険適応の治療なので、加入している保険にもよりますが2000円から3000円程度で行ってもらえます。 それでも妊娠しなければ、人工授精や体外受精などの保険適応外の治療を行う事になります。これらの治療は自由診療なので価格の設定は病院ごとに違います。 人工授精で1万円から2万円はかかります。また体外受精では30万円から50万円と高額な費用がかかると思っていた方が良いでしょう。

妊娠に適する年齢

ここ近年では女性の社会進出が進んでおり、結婚をする年齢も上がってきています。 社会に出てバリバリと仕事をすることは大変すばらしい事なのですが、女性の体には妊娠のタイムリミットがあるのです。 結婚をしても数年は共働きでと思っているカップルも多く、気が付いた時には妊娠の適齢期を逸してしまったと言うことを良く聞きます。 女性は35歳を機に妊娠の確率が下がります。そして色々なリスクを抱えてしまうのです。 平均寿命が延びた今でも生殖医療が発達した今でも変えられない事があるのです。 高齢出産のリスクを少しでも減らすために、一日でも早い不妊治療を行うことで、妊娠率があがる事とリスクが減少することを考えておかなければなりません。 しかし、不妊治療などの生殖医療の進歩は、妊娠を望み治療をしている人にとっては多くの福音をもたらしてくれるのです。

不妊治療に関する変化

妊娠検査薬

現在の不妊治療は女性だけではなく男性も一緒に取り組むべき課題となっています。東京などの都会にはサービスや設備が整った病院が多くあるのでインターネットの口コミサイトなどを参考にして探すことをおすすめします。

詳細を確認する...

妊婦の食事のポイント

妊婦

妊婦の食事はバランス良く栄養を摂取する事が求められます。葉酸や鉄分、カルシウムは積極的に接種する事が好ましいです。それとは逆にコーヒーなどのカフェイン、お酒を始めとしたアルコールは子供の健康を損なう可能性があります。また喫煙も甚大な悪影響を与えるので控えた方が賢明と言えます。

詳細を確認する...